事務局からのお知らせ

各種講習会のご案内

各種講習会報告

【12月講習会報告】在宅リハビリに求められる考え方とテクニック 

今回の学術講習会は、筋緊張を緩めることにより関節可動域を広げ、筋疼痛を抑える効果が期待できるIDストレッチについて講義いただきました。はじめの1時間は解剖学や生理学の視点からIDストレッチの効果についての座学、残り2時間程は実演と実技を行いました。

座学では、等尺性収縮を行うことで自発放電が低下し筋緊張が緩み、緩めることで疼痛を緩和する働きや筋緊張と痛みの関係性、トレッチの強度と禁忌について分かりやすい説明で、明日からでも患者説明に使えるような内容の座学でした。

実技は実用性の高い下肢や腰部の筋肉をメインに「緩めようとする筋」ごとに鈴木先生が実演し、その後、受講者同士でペアとなり実習を行いました。実技中は、講師へ気軽に質問できる雰囲気で、講師も受講者からの質問に親切、丁寧に答えられ、受講者の方たちも満足されている様子でした。

今回のIDストレッチは無理なく筋肉を緩めるので、高齢の方やデスクワークで筋肉が固まっている人たちにも難なく行うことができます。また「施術前」と「施術後」の関節可動域の違いが自覚できるので、患者からの信頼を獲得する一つのツールになり、持続的に行うことで筋肉の緊張を長時間緩めることができるので、リピーターの獲得にも繋がりやすいと思います(*^^)v。
今回残念ながらお日にちの都合で参加できなかった組合員の先生方も次回はぜひご参加ください。
学術講習会を受講いただくことで、日頃の施術にいかせる学びがあります!

一覧へ戻る

お問い合わせ
TEL. 06-6315-0035 (代表)
フォームからお問い合わせ
FAX. 06-6315-0036  月~金 9:30~17:30(土日祝は休み)
大阪鍼灸マッサージ協同組合 厚生労働大臣認可日本保険鍼灸マッサージ協同組合連合会加盟
お電話でのお問い合わせ 06-6315-0035 (代表)
フォームからお問い合わせ

Page Top