事務局からのお知らせ

各種講習会のご案内

各種講習会報告

膝関節症(変形性膝関節)と足関節の関係性について

痛みの疾患としては腰痛に並ぶほど我々の取扱件数が多い膝関節痛。今回はこれに的を絞った講習でした。
まず膝の解剖についての講義がありました。聞きながら、成程このような疾患部位の解説と推定原因、それらから予想される今後の症状推移を患者さんに話すことは「あぁこの先生はよく分かっている。任せて大丈夫」との安心を与え、言葉通りに症状が推移していけば良化であれ悪化であれ信頼を得ることができるだろうと感じました。
重篤な患者さんには鍼で痛みを和らげつつも手術という選択肢も提示し、そのタイミングの相談(アドバイス)を行う、そうすれば結果的に人工関節となっても決してそれきり来院しないということはなく、リハビリ目的や他部位の治療で来てくれるとのお話もありました。
病院のドクターたちができておらず、我々鍼灸師ができることは、こういった日々の丁寧な対応ではないでしょうか。改めて活路はこれに尽きるのではないかとの感慨を持ちました。
実技では、林先生が実際に行っている膝関節痛に対する治療の流れが紹介され、鍼施術後のテーピングについて特に詳しく解説がありました。膝部・大腿部に加えて足関節の傾斜の調整(ヒールロック)の重要性にも言及され、患者の膝痛を改善させようという思いがあるなら当然気付くはずなのに、膝なら膝だけという施術をしていた自身の不十分な治療を反省することとなりました。
受講者たちはそれぞれペアを組み、熱心に実習に取り組みました。その各ベッドを丁寧に見て回られる先生の姿に治療家はこうあるべしとの手本を見る思いでした。

        

        


一覧へ戻る

お問い合わせ
TEL. 06-6315-0035 (代表)
フォームからお問い合わせ
FAX. 06-6315-0036  月~金 9:30~17:30(土日祝は休み)
大阪鍼灸マッサージ協同組合 厚生労働大臣認可日本保険鍼灸マッサージ協同組合連合会加盟
お電話でのお問い合わせ 06-6315-0035 (代表)
フォームからお問い合わせ

Page Top